温達観光地


おおおー!!!まさしく韓国の城ってこんな宮殿のイメージですね
…しかし、ここは城ではなく、映画の撮影スポットとのこと。あまり観光客もいないので、お店の人はものすごい話しかけてきます。しかし、私はイルボン(日本人)…全然韓国語わかんない…ごめんね

行く、温達(「おんだる」と読むそう)山城は背後の山の上にあります!…へへへ、登るのしんどい
この時は夕方だったこともあり、隣の山まで車で行きました!その隣の山から温達山城までアタック現地にいるゆうりさんじゃないとわからない情報です。ホントにありがたい

なんともインスタ映えだね〜この鮮やかな感じが琉球王朝に強い影響を与えているんだなーって思わせます

温達山城


峰が続く隣の山から登ること30分くらい…?
うわ〜スゴイー!!!!!!規模がデカいー!!!!三年山城よりも感動を覚えてしまった…なんだこのスケールはー


Google先生の上空写真を見るとこんな形!赤城もそうでしたが、なんだか細長い形が多いのね。

後日、帰国して検索してみたのですが、「韓国古代山城探検!」さんの記事に温達山城があり、冬の草木がない頃の写真が掲載されています。この旅では夕暮れが迫り、全部を見ることができませんでしたが、写真の石積みは本当にすごい。本当にすごい冬に行きたい。でも寒そう。それでも行ってみたい


さて、見てください。この絶景!!ひゃー高い、怖い。
彼女たちは、高い所も臆せず城巡りを楽しんでいます私は、高所恐怖症なので、ギリギリには立てませんが…相棒の伸びる棒と、EXILIMのEX-FR100で見えない所もばっりち撮ります


伸びる棒を使うと、こんな急所も安全な位置で撮影が可能!どうも、大方積み直しですが、ここだけ当時のままの石のようですね。
ありがとう。EX-FR100、ありがとう


謎のポーズですけど(笑)
90度の垂直な石積みに隙間があり、そこにハシゴをかけて登るような…古代山城の懸門(けんもん)が面白くていいですね


住所:大韓民国 忠清北道 丹陽郡 永春面 温達路23(温達観光地)
その裏の山が温達山城で、温達観光地から登り道があります。
遺構:石積み、門
メモ:下から山を登るのはかなり大変だけど、時間があれば下から登った方がよさそう懸門はもちろん、石積みを下から見上げる…そんな圧巻の光景が楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です