晴れた日の城はいいですね〜!
続日本100名城になってからの初訪問。前回は雨だったので、はじめて晴れた空をみました(笑)

関東では唯一、現存する櫓門が残る土浦城ですがよくよく観察してみましょう


こちらは八双ですね。なんと上はちくちく、下は丸だったのです!
えぇ、なんで〜超楽しい
言われて気づく豆知識ですが、城は城内側に向かって扉があくようになっています。これは扉の壺金が壊されないように隠すためだったそうですよ。(参考『日本の城 日本城郭検定公式参考書』)…なるほど。金具を隠すためだったのか。

では、八双に話を戻します。
下の八双はちょうど膝丈。もしチクチクだったら痛そう…。妄想の結果、優しさだったのかな?と勝手に結論をつけました

ちなみに、鳥取城の門の八双は上下チクチクだったそうです。それを見にまた行かねば…再訪せねばがどんどん増えていきます


5月GWはちょうどこどもの日。水堀にはたくさんの鯉が泳いでいました。

土浦市立博物館の2階に礎石があるの知らなんだ。何度訪れても新しい発見をするから面白い


じゃ〜ん、スタンプバッチリ〜と、思ったら、押印中にカメラがスタンプを直撃してズレたw場所は東櫓です。博物館と東櫓のセットチケットが売っているので、まずは博物館へ!駐車場は、博物館の無料駐車場があるのですが、出る時のチケットは博物館カウンターでもらわないといけないのでご注意を。


土浦城

住所:茨城県土浦市中央1丁目13(亀城公園)
遺構:櫓門、霞門、旧前川口門、本丸の水堀、土塁、博物館2階にある礎石を見逃さないように♡
メモ:西櫓と東櫓が復元されている

◎よかったら、トラベルジェイピーに入稿した記事読んでください→コチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です