博多駅から地下鉄に乗りかえて「天神駅」へ。
飛行機の出発時間との勝負で、この石を確認しにダッシュ!


表側(海側)は、石の表面に化粧の痕跡はない。矢穴ももろ見えで超絶萌える!!


一方で

裏面(つまり内側、公園側)はぜか表面にすだれの化粧があり、積み方も亀甲に近い感じでオシャレ。なぜだ??
内側をオシャレに…もしや公園側が外側なのか?


猫の襲撃を受けて、私もすっかり心が射られてしまった♡


須崎台場

住所…福岡市中央区天神5-2
遺構…石垣
メモ…幕末に築かれた砲台場。内側と外側の石垣表面に注目!

福岡市の文化財」へリンクが飛ぶよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です