埼玉県に砂風呂が楽しめるお風呂がありましてね砂風呂の前に“ひとっ城してきました(車で10分の場所w)


久喜駅から徒歩18分の場所にある甘棠院(かんとういん)が、中世の館跡になっています。政氏が16世紀に開いた寺院とのことですが…なになに……


かぁ!政氏は古河公方でた、公方頭ごちゃごちゃになる問題(笑)
いえいえ西股先生の解説で、鎌倉公方、古河公方、堀越公方、小弓など判別がつくようになっていますよ(たぶん)


水堀と書いてありましたが、現状はかなり埋まっている空堀で。右側にいる青い方は、お寺の方で草刈りをしています。人尺を比較すると結構いい空堀が残っているのがわかりますね


北側には土塁があるようですが、南面と西面を確認して終了です


足利政氏館

住所:甘棠院は埼玉県久喜市本町7丁目
遺構:空堀  政氏さんが眠っています
メモ:中世の館跡。次回行く時は、北側の土塁も確認したいな。東側の空堀も

“足利政氏館(埼玉県久喜市)” への1件のコメント

  1.  かおりさん、甘棠院、行ったんですかぁ。
    政氏さんも息子の高基さんと相性が悪くて、ご苦労なさいましたよねえ。おやじさんがまた、あの勇猛果敢な成氏さんですし・・・
    やっと落ち着いたのが、隠居屋の甘棠院というのも、うん、しみじみですよねぇ。
    サル公方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です