矢穴を主役にした本が作りたい

 

2018年春、城の師匠・西股総生先生と江戸城に行きましてね!矢穴を観察してきましたええ、これは、私が異常な矢穴好きというところが理由です。西股先生は土の城の権威ですが、実は石垣はもちろん、矢穴や化粧、刻印も好きでしてねそこで、矢穴を主人公にした本を作りたいという相談をしました。

…私は、ネットライターであってSEOは勉強しているけれども、本作りはしたことのない素人ですからね
しかも、矢穴なんてテーマだと一般の出版社は相手にしてくれません〜。なので、自費出版で制作しました自費出版って言っても、同人誌のような薄い本…冊子の本が作りたくて。矢穴がテーマだと一般ウケしないだろうけど、カルチャー色の強い薄い本なら矢穴が一番輝く形だと思いました。

矢穴本が完成!

 

作成期間は3ヶ月くらいでしたかね?
今年もたくさんの城に行きました今までは意識していなかったけど、面白い矢穴っていっぱいあるんですよ。
それをまとめたら、写真集のような…一コママンガの絵本のような…そんな本が出来ました

西股先生にも相談して、デザインはTEAMナワバリングの野澤さんがしてくださいましたみかめさんにも相談にのっていただきましたあの時の飲み会はお腹痛くなるほど笑ったな〜。
表紙見て!ポップなんだけどかわいいーステキだー大切な本になりました

それとコチラ!
矢穴のハガキです私はこれで手紙を書きたい(笑)

販売方法は?

 

実は販売方法を悩んでおりましてね〜。
今のところ、手売り販売やチームナワバリングがイベントに出店するブースにあやかろうと思ってます。
近くだと、11月4日(日)の神保町同人誌バザールにて、チームナワバリングのブースが出店されるので、一緒に販売して頂く予定です

金額は、20ページオールカラーにしてしまったので、ワンコインは無理でした(笑)700円〜800円を検討しているのですが、ギリギリですw ネット販売も検討して遠方の人も手にとっていただけるように考えます

 

ともあれ、すっごく嬉しいんだたくさんの方に矢穴の魅力を伝えたいな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です